fbpx
04-2001-6753

ブログ

2022/01/05(水)

膝が痛くなったときに整形外科に行くべきない3つの理由

カテゴリー:膝痛

 

はじめに

膝が痛くなったとき、

あなたはどうされますか?
最初に思い浮かぶのが整形外科だと思います。

 

整形外科には

骨折や事故に遭ったなど急性的な理由があれば

 

整形外科に行くべきです。

 

しかし、

慢性的な膝の痛みであれば、

 

それが骨の変形であろうとも

 

整形外科に行くことは誤っています。

 

 

ポイントをお伝えしますので

覚えておいてください。

 

 

1.“治す”ことが目的でないから

 

整形外科では、

痛みのあるところに痛みを

抑えることを

集中的に行います。

 

痛み止め

注射

電気

湿布

これら対処療法のプロです。

 

“痛みのある患部だけ”を診ます。

 

例え、膝が痛くても

日常生活を過ごす上で

膝だけを動かす人はいないですよね。

 

 

足首や股関節、
そして肩も一緒に使います。

詳しくいうと全身を動かします。

 

 

一般的に膝の痛みがある人の大多数は、

足首や股関節の動きが悪くなっています。

 

その結果として

“膝に負担がかかっている”

事実があります。

 

 

2.全身から膝を捉えていない

膝が痛いときに、
左右の膝がまったく同じ程度

痛いということは
ありません。

 

多くの人は、
左右どちらかに強く症状が出ています。

 

これは
“全身のバランスの悪さ”の特徴があります。

 

例えば、
左右の歪みがなく、

両足に均等に体重が乗っているということは

基本的にはありません。

 

例えば

歪みで左側の方により荷重が乗っていると

左側の膝にもろに負担がくるのは分かると思います。

 

膝を使うときには、

足首や股関節も必ず一緒に動きます。

 

そこで整形外科で膝を診てもらうと

レントゲンをとり

骨の変形があったとしたら

医者から「手術しかない」と

言われてしまいます。

 

しかし、
手術したとしても

全身のバランスが乱れている原因は未解決のままです。

 

膝を人工関節にする
手術をしてしまったら、

もっと膝の動きが悪くなり

股関節や足首に負担がかかります。

人間の身体は負担のかかりあいです。

 

だからこのことから

「痛みが出ている所に原因がない」

と言えます。

 

「変形が痛みの原因」
と言われると

医者が言ったから鵜呑みにするのは当然です。

 

でも、実際は治りません。

 

3.運動指導のノウハウがない

痛みがあると趣味のテニスはお休みして、

歩きなさい。

と伝えられませんでしたか?

膝は
“動くと痛い”
というケースがほとんどです。

 

それを整形外科に行っても、
薬、
湿布、
電気治療、
膝だけのマッサージ、
そんなことをやっていても
いつまでも治ることはありません。

 

多くの整骨院や整体院も同じで、

“動くと痛い”のに、

ベッドでマッサージをしていても、

その場だけの変化しか望めません。

 

「負担がかかって筋肉が固まっています」

と言われて筋肉をマッサージされたら、

正しいように思ってしまいますよね?

 

ここでも

何度も言いますが、

“動くと痛い”ので

“動いても膝に負担が来ない動き方”を

覚えないといけません。

 

整形外科や、

整骨院、整体院に通院を続けていても

症状がなかなか改善しない患者さんが多いのは、

“運動指導のノウハウがないから”

です。

 

 

終わりに

この3ついかがだったでしょうか?

 

 

膝が痛いからといって、

膝だけを診ているだけでは治りません。

 

手術しかないと言われても、

例え軟骨がすり減っていると言われても、

それは結果です。

 

結果には必ず原因があります。

その原因を探して

一生歩ける身体になってくださいね。

 

 

 

1日1名様限定

診察予約は今すぐお電話で

04-2001-6753

【受付時間】9:00〜21:00(不定休)

 

メールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。

 

※診察時間は9:00〜21:00までですがメールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。診察時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。
※メールフォームはお名前・お電話番号・メールアドレスを入力するだけの簡単なものですのでお気軽にご利用していただけます。当院は完全予約制の為、事前にご予約をお願いしています。